阪神西宮駅すぐ整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科 みやみつ整形外科リハビリクリニック
トップページ
サイトマップ
ごあいさつ 診療時間・アクセス 施設案内 リハビリテーション トピックス 求人情報
   腰 痛
  五十肩・肩こり
   ヒアルロン酸と関節
   骨粗しょう症
   リウマチ
   高尿酸血症・痛風
 


  高尿酸血症と痛風の関係・・・・・・


体の中の尿酸(細胞の新陳代謝やエネルギーの消費よってできる老廃物)が多い状態を高尿酸血症といいます。高尿酸血症そのものは、なんの症状もありませんが、放っておくと尿酸が関節や腎臓などで結晶のかたまりとなって痛風や腎障害を引き起こします。
その他にも高血圧症、高脂血症などの生活習慣病を合併することが多く、動脈硬化が起こりやすくなるといわれています。
痛風にかかるのは、ほとんどが男性です。比較的几帳面で行動的なひと、仕事をバリバリやるひと、アルコールをたくさん飲むひと、肉食を好むひとに多いといわれています。
20歳代から50歳代に起こりやすく、女性や子供には少ない病気です。
痛風になりやすいかどうかは、多少遺伝的素因が関係しています。
また、最近は食生活の欧米化、アルコール摂取量の増加、肥満、ストレスの増加など環境要因の変化によって、患者さんの若年化が進んでいます。



  治療法・・・・・・


  ●尿酸値を下げる薬物療法  

食事の調節やアルコール制限などをしても血清尿酸値が高いひとは尿酸値を下げる薬で血清尿酸値をコントロールします。
尿酸値を下げる薬はタイプによって使い分けます。
 ・尿酸が排出されにくいタイプ
 ・尿酸がつくりだされやすいタイプ

 
  ●食事療法

  ・総カロリーを制限する
   肥満の人ほど血清尿酸値が高く、体重が下がれば血清尿酸値も下がっていくことが知られています。
   カロリーの摂りすぎに注意し、標準体重にコントロールすることが重要です。

  ・プリン体の多い食品は避ける
   もつ類や干物などのプリン体を大量に含むものを頻繁にたくさん食べることは避けましょう。

プリン体を多く含む食品

 たまにしか食べないが
 プリン体が極端に多い食品
煮干し・かつお節・干ししいたけ・豚汁・牛肝
 プリン体の多い
 日常食品
牛肉ヒレ・豚ロース・鶏ささ身・カツオ・クルマエビ・マアジ
サンマ・マグロ・マダコ・大豆

プリン体の少ない食品

 プリン体の比較的少ない
 日常食品
カリフラワー・ほうれん草・焼き板かまぼこ・精白米・かずのこ
ウインナーソーセージ・えのきたけ
 プリン体をほとんど
 含まない食品
鶏卵・プロセスチーズ・小麦粉(薄力粉)・スジコ


  ・お酒はひかえめに
   アルコールはどんな種類でも飲みすぎると確実に血清尿酸値を上げます。
   アルコールの全体量は同じでも毎日飲む人の方が数値が高いことが知られています。
   休肝日を設けましょう。
  ・水分はきちんととりましょう
   激しい運動は血清尿酸値を上昇させます。適度な軽い運動をしましょう。
   汗をかいたら水分を十分にとりましょう。

  ●痛風発作が起こったら?


応急処置としては発作が起こった部位は、赤くはれて熱を持ちます。このような場合は、患部を心臓より高い位置に保ち、冷やすと痛みが軽減されます。暖めたり、マッサージしたりすると、かえって悪化するので避けましょう。

痛風発作の起こり始めには患部がむずむずしたり、はれぼったくなったりする場合があります。この前兆期にコルヒチンを1錠服用すると発作を防ぐことができます。

適切な処置をすれば通風発作は通常1〜2週間で大体おさまります。
早期に医師の診察を受け、正しい薬の服用で慢性化を防ぎましょう。


Copyright (C) 2007 Miyamitu Orthopaedice Clinic. All Rights Reserved.